検索
  • GIBBON SLACKLINE JAPAN

プロ選手のアマチュアだった頃の想い

ギボンインターナショナルプロアスリート、レッドブルアスリートの木下晴稀選手がアマチュア選手時代に大会出場をしようと思ったきっかけを話してくれました。


大会に出たことある選手は、口を揃えて一度は大会に出てみるといいよ!と言われます。

でも出たことない選手にとっては、大会には大きな壁を感じています。

自分も実力は大会に出られるようなものではないと思われている方も少なくないと思います。その辺りの気持ちをプロになった選手がアマチュア時代を振り返って、話をしてくれています。


初出場地元でのギボンカップin長野




▪︎オンライン大会は、画面を通じて多くの方に観られることはありますが、演技をする際には、顔なじみの仲間や環境下でやることができます。それでも試合は40秒を2回と限られた時間で自分を表現する緊張感は感じていただけると思います。


エントリーは2021年1月4日までになります。

来週20日までにエントリーされた方には、ギボンサンタさんからクリスマスプレゼントが

届きますよ!是非お早めにエントリーをお勧めします。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示